離婚の際に夫婦の財産を清算することを「財産分与」と言います。財産分与は、共有財産と実質的共有財産の二つを対象としています。まず、前者は、夫婦の共同名義で購入した不動産が当てはまります。これは、夫婦が協力して得た財産であり、夫婦が婚姻中に取得した財産は共有財産であると推定されます。ここで注意しなければならないのは、離婚前であっても別居をしている時に得た財産は、夫婦で協力して得たとは考えにくいため共有財産ではないとされている点です。財産分与をする財産は、別居時を基準に定められるのです。一方で後者は、結婚後に夫婦で築いた財産ではあるものの、夫婦の片方の名義になっているものを指します。例えば、株や年金、退職金や自動車、貯金などが挙げられます。 財産分与の仕方は3つに分けられます。一番多いのは「清算的財産分与」です。一般的に「財産分与」と言えばこれを指します。婚姻生活を送る上で築いた財産をどのように分けるかが焦点となり、最近では原則として半分ずつで分けられています。2つ目の「扶養的財産分与」は、清算的財産分与や慰謝料を払っても夫婦の一方が経済的に苦しい時にされるものです。そして、3つ目の「慰謝料的財産分与」は、精神的損害を受けた配偶者がいる場合になされるものですが、あまり主張される場面は多くありません。