財産分与とは、夫婦が離婚する際にそれまで所有していた財産を分けることです。基本的には二等分となりますが、それは結婚後に作った財産に限ります。たとえば、結婚してから稼いだお金です。夫婦のどちらが稼いだものでも、財産分与の対象となります。夫のみが外に働きに出て、妻は専業主婦だったとしても、夫の稼ぎによる預貯金は、二等分しなければなりません。また、結婚してから購入した不動産や車なども、財産分与することになります。物理的に二等分できない場合は、現金化して二等分するか、相手に半値を支払って買い取ることになります。ただし、対象外となっている財産もあります。まずは結婚前の預貯金です。結婚する前に自分で稼いだお金や、購入した不動産や車などは、基本的に夫婦の所有物とはなりません。特有財産として、所有したまま離婚することになります。また、結婚後に親族から相続した財産も、特有財産となります。さらに相続したのが不動産で、それによる家賃収入などがあった場合も、そのお金は特有財産とみなされて財産分与の対象にはなりません。ただし例外として、家賃収入などが配偶者の協力がなければ得ることができなかった場合には、財産分与の対象となります。