財産分与の計算方法

| 未分類 |

離婚する夫婦は、それまでに夫婦で築き上げた財産を分割しなければなりません。これを財産分与と言います。円満に離婚するためには、双方が納得するような形での財産分与が必要です。片方の割合が多く、片方が少ないという分与だと、不公平です。そのため一般的には、公平になるように民法で決められている算定方法で、財産分与をおこなうことになっています。まず、結婚後の預貯金に関しては基本的には二等分です。購入した不動産も、夫婦のどちらの名義だったとしても、二等分することになります。権利を二等分するか、あるいは売却してそのお金を二等分します。そして、その不動産を購入するためにローンを組んだ場合も、その返済義務を二等分することになります。つまり権利も義務も財産分与の対象となるわけです。ただし夫婦の同意の上でのローンではなく、片方の勝手な理由による借金、たとえばギャンブルでの借金などですが、その場合は返済義務は二等分されません。また勝手な浪費があった場合は、その分が財産分与から差し引かれます。たとえば不倫旅行に使った費用などです。この場合、不倫した慰謝料として、さらに財産分与から差し引かれることもあります。暴力やモラルハラスメントなどによる慰謝料も同様です。このように諸々の事情を考慮しながら、正の財産も負の財産も公平に分け与えることで、お互いが納得して離婚できるようになるのです。