財産分与とは婚姻中の中で夫婦の間で築き上げてきた財産を、離婚時にそれぞれに分配することです。また、財産のすべてが一方の配偶者のものになている場合や、もともとの離婚の原因がある側から財産をもらえないということはありません。確かに多くの場合には、夫名義の財産になることがありますが妻にも分配を受け取る権利はあります。専業主婦の場合には、これまでの婚姻生活の中でどれだけ貢献してきかの貢献度によって分配されることが一般的です。
婚姻期間中の財産には特有財産、共有財産、実質共有財産の3種類があります。特有財産は婚姻前から所持していた財産、共有財産は婚姻期間中に共同名義で購入した財産、実質特有財産とは婚姻期間中に一方の名義で購入した財産になります。ここで、財産分与の対象となるのは婚姻後に購入した財産なので、婚姻前に取得していた特有財産は分与の対象とされません。ただし例外として、その財産が婚姻後に配偶者が増加させるなどの貢献をした場合は財産分与に考慮されます。
次に、財産分与にかかる税金ですが、夫婦で婚姻生活中に協力して築いた財産は分配しても、原則的には贈与税はかかりません。例外は、夫婦して税金を回避するような行動をした場合や夫婦で築いた財産の額が相対的に見てあまりも大きすぎる場合には贈与税がかかります。
最後に財産分与には請求期間が存在し、財産分与を請求できる期間は2年以内と決まっています。離婚をしてから財産分与の請求をするとなると手続きが遅くなるので、離婚前に夫婦間で事前に財産分与の割合を決めておいた方がスムーズに進みます。