婚姻中の財産にはどのようなものがあるでしょうか。まず、共有のものと特有のものがあります。これらを知っておくことは、離婚によって財産分与の問題が生じた場合、非常に有益となります。財産分与とは、夫婦がともに築いた財産を清算し、分配することです。財産には、不動産、預貯金、車、有価証券、家財などがあります。
基本的に、婚姻中に築いた財産は共有の財産となります。住宅などのように、たとえ名義がどちらか一方のものであったとしても、その財産を築くことは夫婦の協力で成し遂げられたものとして、「共有財産」に捉えられます。
特有財産にはまず、夫婦の一方が婚姻前から所有していた財産があります。また、親などからの相続や贈与などで得たものに関しては、特有財産になります。意外なものには、ギャンブルで手にした配当金なども特有財産になりえます。これらから生まれる利息なども、特有財産です。
これらの財産分与を行う際、裁判の判例では、夫婦が財産を築くのにどれだけ寄与したかが割合を決めるポイントとなっています。共働きであったのか、専業主婦であったのかによっても違います。
また、生活するに支障をきたす可能性がある場合、扶養的財産分与等も行われますので、共有であっても完全に半分ずつ分けると決まっているわけではありません。