夫婦が離婚する際にやることの一つに、財産分与があります。財産分与とは、婚姻中にお互いが築いた財産を生産することです。財産分与の定め方はいくつかあり、夫婦によってどれを採るかは様々です。協議による場合は夫婦間で自由に決めることができ、それでも決まらない場合には裁判所のお世話になって調停という形で決着をつけます。調停の場合は裁判所に費用を払って行うため、少しではありますが損をすることになります。一方で協議による場合は、夫婦で話し合うだけなので、財産分与決定についてどこかにお金を払うということがありません。そのため、できるのであれば協議による財産分与をお勧めします。協議の場合は、後でトラブルにならないためにも、面倒ではありますが分け方を細かく定める必要があります。支払い時期や支払う金額、支払方法についてはトラブルが発生することが多いのが現状です。後で「そんなこと決めていない、合意していない」と言われないためにも、強制力のある公正証書の形で協議離婚書などの書面を残すことが合意による財産分与の際のコツであると言えます。他にも、上手な協議の財産分与の仕方としては、分与財産のリストを作ったり欲しい財産の優先順位を定めることも大事になってきます。