慰謝料の意味と相場

| 未分類 |

あなたは慰謝料の意味とその相場をご存知でしょうか。慰謝料とは、生命や身体、自由や名誉などが不要に侵害された場合の精神的損害に対する賠償金のことを言います。慰謝料というと、配偶者が不倫をしたケースなどを思い浮かべる人も少なくないでしょうが、それ以外でも交通事故等でけがの被害を負った場合などにおいても車の修理費用や入院、通院の代金といった実費のほかに慰謝料が支払われることが一般的です。こうした交通事故の場合は入院、通院期間によってある程度の支払いの相場が決まっており、自賠責保険の計算方法では1日当たり4,200円となっています。不倫による慰謝料の場合は自動車事故の場合ほど明確な基準はありませんが、100万円から300万円程度が一般的であるといわれています。なお、不倫などが原因で離婚に至る場合は、慰謝料的財産分与といって、慰謝料額を含めて財産分与を行う事例も少なくありません。この場合においては、離婚協議書において慰謝料を考慮して財産分与を行った旨を明記しておくことが、後々のトラブルを避けるためにも重要であるといわれています。慰謝料は金額の算定が難しく、示談交渉でまとまらず裁判にもつれるケースが多いので、自分の主張を一方的に述べるだけでなく、過去の判例などでおおよその相場を知ることも重要となります。