夫婦の財産どう分けるのか

pet01_l財産分与とは、婚姻中に夫婦で築いた財産を清算し、分配することを言います。この際まず問題になるのが、共有財産と特有財産の違いです。
分配するものは共有財産です。土地や家屋などの不動産、預貯金、車、株などの有価証券があります。この際、所有人の名義が一方のものとなっていたとしても、その財産を築くためには夫婦の協力がもとになっているということから、共有財産とみなされるのです。これは専業主婦でも、兼業主婦でも同様となります。意外なものには、職業上の資格などもあります。
特有財産には、婚姻前に築いた財産や、親などから贈与を受けたり相続した財産などです。
財産の分与は、離婚原因がある側からの請求も可能です。不貞行為などで離婚することになったとしても、寄与度に応じて分与しなければなりません。
分与の方法としては、まず協議を行います。のちのちの水かけ論を防ぐため、話し合いで決めたことは、文書で残すことが大事です。個人間のやりとりだけでは法的強制力がないので、公正証書を作りましょう。
夫婦間協議で決まらなかった場合は、家庭裁判所に調停申し立てをします。超低不成立の場合は、審判に移行します。離婚訴訟と合わせて財産を分与するための申し立てを地方裁判所にすることもできます。